穴狙い競馬日記

競馬といえば、穴狙い。出走するからにはどの馬にもチャンスが必ずある。出走馬一頭ずつ詳しく分析し、穴馬を見つけ出すブログ。最近は未勝利戦の予想に力を入れて研究している。

スポンサーリンク

【G2 ニュージーランドトロフィー 2018】予想

f:id:wgdata4:20180401215437j:plain


 


 

それではニュージーランドTの予想です!

 

 

ニュージーランドTの穴馬はこちら

ランキングBへ!

スポンサーリンク

 

 

 

展開予想

予想されるペース:スローペース

 

最内枠を引いたコスモイグナーツがいげる形。それほどペースは速くならないはず。

 

デルタバローズ、アイスフィヨルド、カツジ、カシアス、エントシャイデン、ファストアプローチ、アンブロジオ辺りが前の方へ。

 

ゴールドギア、ラムセスバローズ、リョーノテソーロ、ペイシャルアス、ケイアイノーテックが後方にいて、

最後方にイサチルルンルン、カイザーメランジェ

という隊列を想定。

 

 

詳細分析

コスモイグナーツ

この馬が逃げる形。距離を短縮してみたが、今回はペースに飲み込まれてしまうような。。。

中山の風が強く、逃げ馬にはきつそう。

 

デルタバローズ

新馬戦で強い勝ち方で、京成杯では結構人気になった。しかし、良馬場でやればこんなものだった。

 

あのメンバーの京成杯で大負けしてしまうのだから、そこまで強くないし、まだこれからの馬でしょう。ここでは買わないが、後々成長してきそう。

 

ゴールドギア

ちょっとここでは足りないような気もする。

展開に左右されそうだし、今回は展開が向かないのでは。

 

アイスフィヨルド

距離はこのぐらいが良さそう。自在に競馬ができるので、枠もいいところに入った気がする。

クリスマスローズSで負けたのは、スタート不利があってのもの。1200mでは挽回が厳しい。これを度外視すると、大きく崩れてはいない。

北村宏騎手に替わって、勝負気配。

 

カツジ

きさらぎ賞は完敗といった内容だった。休み明けを考えても少し不満な内容。

たしかに、このメンバーならやれそうではあるが、今まで3戦とも京都コースだったこともあるので、中山への輸送。初の急坂コース。

 

人気するならあまり買いたくはない要素が多くあるので。

カシアス

前走逃げたことがどう出るかが少しわからないが、行きたがるような感じになってしまうと、バテて止まってしまうような気もする。

 

そしてこの馬、坂のある直線の短いコースがあまり得意ではない気もするので、ちょっと軽視する。

エントシャイデン

もともとスタートが悪く、後方からの競馬をしていたが、スタートが良くなってからは、前々で安定して入っている印象。

しかし、勝ち切れないところを見ると、この鞍上乗り替わりも不安点が多く。。。

 

しかし、前々でしっかり脚を使えれば終いの脚もしっかりしているので、チャンスはあってもいい。

ラムセスバローズ

新馬戦はオブセッションには負けたものの、3着以下はぶっちぎっているし、スタートもいいし、自在な競馬ができるところが強み。

 

ただ、この騎手の乗り替わりはさすがに、人気を下げる要素になってしまっているのだろう。

でも、内田騎手ならそこまで悲観することもないのではなかろうか。思った以上に人気がないようなら勝っておきたい。

スポンサーリンク

 

イサチルルンルン

前走はスタートが不利があり遅れてしまったことに比べてハイペース。

今回は距離を伸ばして追走を楽にする意図だろうか。

 

しかし、距離が不安なので。。。

ファストアプローチ

戦ってきた相手が強すぎて、なんと運の悪い馬なのだろう。。。(笑)

しかし、この成績なら悲観することは無いだろう。。1級の相手と比べると1枚下だが、このメンバーなら相当強いと思う。

 

思ったより人気がないみたいなので、買いたい。

 

カイザーメランジェ

後方からで、展開に左右されそうだし、向かなそう。

 

リョーノテソーロ

未勝利、500万下とダートの短距離を連勝し、初芝のOPクロッカスSも稍重ではあるが、見事に勝利。

 

これでかなり人気になるだろうが相当怪しいでしょう。

良馬場で時計の出る馬場ではまた勝手が違うので。。

ここでも走ってくるようなら、強いが、そうは思えない。。。

 

ペイシャルアス

距離も実績も足りないかな。。。といった感じ

 

ケイアイノーテック

初の輸送があるので、それ次第ではあるが、成績は安定。

前走もぶっちぎりの競馬で強いところを見せてくれた。

 

後は不調の戸崎騎手次第でしょうか。結構外枠はこのコースでは不利なので、不安がないわけではないが。。。

アンブロジオ 

ここ4戦が左回りだったこともあり、右回りで走ったのは新馬戦のみ。ここでどうか。枠も厳しい。

 

最終予想

今回はこんな印で勝負してみようかな、と思います!!

 

◎:ランキングBへ!

○:ランキングへ!

▲:エントシャイデン

 

 

前走前々走の予想コメントも掲載しているのでよかったら参考にしてください!

www.xn--n8jv81r40e.com

 


 

 スポンサーリンク

 

 

 

Twitterでもつぶやいています!ぜひフォローしてください!

 

スポンサーリンク