穴狙い競馬日記

競馬といえば、穴狙い。出走するからにはどの馬にもチャンスが必ずある。出走馬一頭ずつ詳しく分析し、穴馬を見つけ出すブログ。最近は未勝利戦の予想に力を入れて研究している。

スポンサーリンク

オルフェーヴル産駒を撃退するには?【G1 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017】予想

f:id:wgdata4:20171204142354j:plain

 

皆さんこんばんは。

 

今回はついに2歳馬のG1牝馬限定の阪神ジュベナイルフィリーズが始まります!

 

6月から新馬戦で2歳馬がデビューしてから半年たち、いろいろ面白い馬たちも出てきたことだと思います!

 

今回はその2歳の牝馬たちのG1阪神ジュベナイルフィリーズを予想をしていきたいとお思います!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

1頭ずつ分析するので「長いよ!予想だけ見たい!」という方はこちらから予想へ飛べます!

最終予想へ

 

今回の阪神ジュベナイルフィリーズのテーマ

 

 今回のテーマは、オルフェーヴル産駒を撃退するには?

 にしました!

 

正直今回はラッキーライラック、ロックディスタウンという2頭のオルフェーヴル産駒が人気を集めそう。間違いなく強い。

 

しかし、産駒ごとに何かしら得意なコース苦手なコースというのがスン在するはずで、今年デビューしたオルフェーヴル産駒のコースごとの成績を出してみた。

 

f:id:wgdata4:20171207153430j:plain

 

新潟東京の左回りコースは勝ちがるのに対して京都阪神の右回りコースでは勝ちがないのである。

 

 

もちろんまだデータが少ないが、この傾向が続いてくれるなら、今回の舞台では、オルフェーヴル産駒を上回ってくれそうな馬がこの中にいるはず!!という前提で予想を進めていきたいと思います!!!

 

 

過去の阪神ジュベナイルフィリーズの傾向
 

 過去7年のデータです。

f:id:wgdata4:20171204135913j:plain

パッと見、内枠か外枠にぱっくり割れているような気もしますが、

 

阪神JFがこのコースで行われ始めた、2006年からの枠番の集計結果はこちらです。

f:id:wgdata4:20171204140711j:plain

やはり、内か外かぱっくり割れていますね。。。

中の枠があまりよくないみたいです。

 

 

阪神芝1600mのコース形態

 

f:id:wgdata4:20171204140439j:plain

なんとなく京都芝1600m外回りのコース形態に似ていますね。3~4コーナーは急カーブではなく、ゆっくり回って、直線途中まで下り坂。そこから最後に急坂をグッと駆け上がる。

 

直線は約473mあり、長さとしては普通か。

マイル戦の割に、ペースが遅くなるため、少し逃げ馬には注意が必要。

 

しかしい、前にいる馬の率が高いかといわれればそういうわけでもなくて、差しも全然間に合う。追い込みは少し割り引くことは必要かも。

 

コース的には枠順の有利不利はあまりなさそうではあるが。。。

 

 

前日の阪神芝の馬場傾向

 

 

f:id:wgdata4:20171209230704j:plain

 

先週とは打って変わって前残りの傾向。どのレースも思ったより時計がかかっているのかな?といった印象。

 

前日オッズ

 

 

f:id:wgdata4:20171209231324j:plain

(12/9 23:10現在)

 

オルフェーヴル産駒の2頭が1番人気2番人気。しかし、そんなに被っているわけではなく、上位5頭が人気で、6番人気以降は少し離れている感じ。

 

12/9 23:10 現在でこのオッズ。本命にしようと思っていた馬が思った以上に人気。そして、最初の段階で気になっていた馬が思ったより人気がない。。。当初の予定より変更します。 

 

 

 

↑ぽちっと押してくださるとうれしいです! 

 

詳細分析

 

それでは今週も頑張って分析していきたいと思います!

 

 

・サヤカチャン

 

この馬も逃げて良さが出る馬であるので、逃げ馬が被ってハナ争いが起こると、ペースが相当早くなり、前がぱったりと止まてしまいそう。。。

 

しかし、この馬の前走のレース後の騎手コメントで、

こだわっていたわけではないが、マイペースで運ぶことを重視した結果がハナに行く形に。リズムよく運べて最後まで本当に頑張ってくれた。もう少し折り合いがつけば1800mぐらいの距離が合うのかもしれないが、現状ではマイルがいい。

こだわっていたわけではないということは、他にハナを主張する馬がいれば控えて2番手でも競馬ができるということだろうか。

 

しかし、今まで6戦使っているの上積みも心配ではあるが、2番手に控えてレースをした2戦も両方とも5着に負けているところを見ると、やはりハナに行かないと良さが出ないような気もするので。。

 

 

・ラテュロス

 

阪神1600mのコースを2回も経験をしている馬で、ディープインパクト産駒であるので、このコースは相当合うはず。

 

 

2戦目の未勝利戦でのコメントでは

順当勝ちだった。2戦目でカッとなっていないかとか、小柄な馬だから体が減っていないかとか心配したけど大丈夫だった。好位から反応できたのが良かったし、距離はもっとあってもいいくらい

 2戦目でテンションが上がらないのはとてもいいことで、高評価。

 

 

3戦目のアルテミスSのレース後のコメントでも、

スピードがマックスに到達するまでに時間がかかるタイプだから、早めに踏んでいったが。重賞でも頑張ってくれたが、もう少し距離があったほうが競馬はしやすい。

 

2戦目でも3戦目でも距離があったあほうがいいというコメントがあるので、今回もっとメンバーのレベルが上がって、後半のペースが上がりそうなレース展開になりそうで、

後半に置いて行かれそうな気がするが、直線の長い東京コースでは何とかエンジン掛かっての伸びてこれたというのもあるが、

 

 

今回も早めに踏んでいくような競馬をするだろうし、スタミナ比べになる可能性があり、そうなった時に前走の競馬が生きてくるような気もする。

 

 

しかし鞍上が変わっているのでその競馬をしてくれるかどうかが少し不安ではあるが、前走と同じ枠順だし、人気がないなら買いたいと思う。チャンスは十分にあるはず。 

 

・グリエリマ

 

新馬、未勝利戦の勝ち上がり率が結構高めのロードカナロア産駒。

この馬も例外ではなく、新馬戦2着から未勝利戦を勝ち上がってのここ。

 

しかし、新馬戦ではナディアに負けてはいるし、勝ち上がった未勝利戦はあまりレベルの高かったものとは言えないので。。。

 

・マウレア

 

桜花賞馬アユサンの全妹。ディープインパクト×ストームキャットという配合はかなり好印象。

 

 

2戦2勝馬でいずれも東京マイルを勝っている。

 

 

しかも前走はラスト3ハロンが11.7-11.1-11.2というラップでしっかりと脚を使えているのでスムーズに競馬ができれば、最後に脚を使ってくれるはず。

 

 

今回阪神に初輸送になるのと、さらに初の右周りもどうかという不安はあり、

実際に姉のアユサンも東京コースを2回使って、阪神JFで初の右回りになり7着と負けているので、そこが対応できるかどうかがカギになっては来るが、前走も間を割って伸びてきたように根性がある馬なので、今回も番手から抜け出すことができれば、十分にチャンスがある。

 

・ラスエモーショナル

 

逃げないと好走できていないところを見ると今回はこの馬が逃げるのかな、という感じ。

 

 

まあそれでも3走目の未勝利戦では、札幌2歳Sでロックディスタウンの2着だったファストアプローチに突き放されて負けているし、

 

 

今回は距離も長い印象。逃げてどこまでといった感じだが、今回はどの馬も早めに仕掛けてきそうで、ずっとプレッシャーがかかる状態ではちょっと厳しいかな。。。という感じ。

 

 

・マドモアゼル

 

福島で新馬戦2着になり、次に新潟で未勝利戦を逃げ切って快勝。3走目はりんどう賞はスタートで少し立ち遅れるも、二の脚を使って好位にとりつき、抜け出して勝利。

 

前走のレース後の騎手コメントでも

調教でまたがって、具合の良さを感じていたし、前回の勝ち方も良かったので、チャンスはあると思っていた。スタートでちょっと立ち遅れてしまったが、二の脚の反応が良かったしラストも二枚腰を使ってくれた。距離はもう少しあってもこなせそうな感じがした。

とあるように、距離に関しては1600mでも対応できそうだし、左回りも経験しているのでそこは強み。

 

しかし、距離が伸びて、直線に坂があるとどうかという点が少し不安ではあるのでそこは注意が必要。

 

・リリーノーブル

 

新馬戦ではレース後のコメントに

強かった。返し馬の感じからよかった。あえて下げて馬混みでもまれる競馬をして、どれだけ脚を使ってくれるかと思っていたけど、対応してくれた。先につながる競馬ができた。

初めからこういう競馬を試して、しっかりと結果を出せているのが素質の違いを感じる。

 

 

そして、新馬戦で勝ったとしても問題は2戦目で、2戦目になるとテンションが上がってうまくいかないことが多くなったりする中、2戦目の白菊賞でも、スムーズに折り合って好位につけて直線でスペースができたインコースを楽に抜け出して勝利。

着差以上に強い競馬だった。

 

 

この競馬ができれば、ここでも通用すると思う。しかし、間隔が中1週なのが少し気がかり。。。

 

・トーセンブレス

 

新馬戦では出遅れてから最後方からの競馬。中山であのレースができたのは相当強かった。そしてこのレースの上位の馬もすぐに未勝利戦を勝ち上がっている馬が3頭ほどいるのでレースのレベル自体は悪くない。

 

しかし、前走のアルテミスSのレース後のコメントでは

まだ馬は全体的に柔らかいし、レースでもスムーズに加速することができなかった。素質の高さは感じるしこれから変わってくるでしょう。

 

とあるようにレース映像を見ても前の馬をうまくさばけず、抜け出せなかった感じがあるので人気が落ちるようなら狙いたい1頭。

 

・レグルドール

 

九州産馬でひまわり賞を快勝したが、ファンタジーSでは、休み明けでスタートもタイミングが合わずに大きく出遅れてのレースであまり参考にはならない。

 

この中間ではゲート練習をしているので、前走のような大きな出遅れは無いはずだが。

 

 

新馬戦は九州産馬限定に出れずに、普通の相手とレースをして快勝。次のフェニックス賞では、2着に敗れるも、3着馬のアイアンクローが小倉2歳Sで2着に入っていることから、重賞で通用するレベルにあることは間違いない。

 

 

とはいえ、この馬も距離が1600mまで伸びるのはプラスとは言えないし、さすがに今回はメンバーが揃いすぎている感も。

 

 

どこかで必ず穴をあけると思っているが、ここでは無いような気もする。

 

 

スポンサーリンク

 

・ハイヒール

 

新馬戦は勝ったものの、そのあとのアルテミスS、白菊賞は見せ場がなく負け。

 

ここでもぶっちゃけあまり期待はできない。

 

・ラッキーライラック

 

言わずもがな、今回の最有力候補。オルフェーヴル産駒は当たりはずれがしっかりしていて、当たると今のところ怪物級の強さの馬が出現している感じ。

 

 

前めのポジションで進められて、終いもしっかり脚を使えるのがこの馬のすごいところ。この競馬が今回もできるようなら簡単に勝ってもおかしくないと思う。

 

 

しかし、ディープインパクト産駒もそうだが、このコースはオルフェーヴル産駒には不得意なコースというものが存在するはずで、それが先ほどテーマのところで上げたデータの阪神苦手説に少し当てはまるのではないか。。。?ということ。

 

 

・ソシアルクラブ

 

ブエナビスタの娘で、血統的には素晴らしくここでも結構人気にはなりそうではあるが、妹のコロナシオン同様に新馬戦のメンバーが弱かったし、勝ち方も微妙。

 

ここで通用するか、オルフェーヴル産駒の2頭を倒せる器かといわれると、ちょっと微妙か。あまり買いたくない。。。

 

・トーセンアンバー

 

この馬はデビューがはやったので、もう5戦もしているが、新馬戦で4着で続く未勝利戦でも3着と勝ち上がれず。やっと勝ち上がった後のサフラン賞も強かったのは1着馬のみで2着以下はあまり評価できないので。。。

 

2戦目の未勝利戦時のコメントでは

好位から競馬が出来れば良いですが、まだ折り合いに難しさがあるので後方からになりました。それでもあの脚を使っていますし、これから芯が入ってくれば良いと思います

そして前走の京王杯2歳Sでのコメントでは

レース前はテンションが高くて自分を見失ってしまっている感じだが、あの位置からここまで差を詰めてくれたように能力のある馬だと思う。距離はもっとあってもよさそうな馬だし、これから気性が改善していけば

 

気性面はデビューしてからあまり変化がないのかも。折合いに課題があるのに距離延長はあまりよくないし、ここではさすがに厳しいか。

 

この先々は距離延長で良くなっていってくれるはずではある。ここでは。

 

 

・ノーブルアース

 

血統だけ見ると、ハーツクライ×ブライアンズタイムといういかにもスタミナにあふれた血統ではあるが、今回は1600mなので、そこに関して考えていかないといけない。

 

新馬戦は、重馬場での出走で、2着を5馬身突き放しての快勝。重い馬場は苦にしないし、力のかかる馬場は歓迎といったところでしょうか。

 

しかし、次走の赤松賞では着順だけを見れば6着ではあるが、勝ち馬とは0.2秒差と決して負けているわけでない。レースのレベルも結構高かったはずなので、着順は目をつぶってもいいだろう。

 

レース後のコメントでは

いい馬なんだけど、少し気が良すぎる。かといって行かせてしまうと外に逃げそうな感じだった。その辺りの若さが抜けてコントロールが利くようになれば走ってくると思う。

 

デビューから新潟東京と輸送競馬が続いたが、体が減っていないのはいいし、今回は阪神での競馬になるので、ここの不安はないし、少し時計がかかりそうなこの馬場なら前進があってもいいとは思うが、

 

今回先行ポジションにつけたい馬が多すぎて、位置をとれるかどうかが少し不安ではあるので、重い印は打てないかな、といった感じ。 

 

・ナディア

 

新馬戦は2着以降を離しての完勝。次の秋明菊賞ではフランケル産駒のシグナライズには離されはしたものの2着を確保。

 

この秋明菊賞の5着馬アトレヴィードも次の万両賞で2着にきているあたりメンバーのレベルが低かったということはなさそう。

 

素質は感じる1頭であり、距離が伸びることに関しては問題はないと思うが、小柄な馬なので、ここでは少し厳しい気もするが、成長してもう少し後にはかなりいい馬になっているはず。

 

ここでは少し軽視しておきたい。

 

・モルトアレグロ

 

新馬戦は函館ダート1000mでの出走。その後に初芝でOPすずらん賞を出遅れて後方から追い込んで2着。

 

 

前走は東京の不良馬場でさらに、馬場の悪いところを通らされたのにもかかわらず、好位抜け出しで勝利している。

 

 

しかし、前々走のコメントでは、

スタートして外の馬にぶつけられ手綱を引いて待たされた分行きっぷりが悪かった。前に行く競馬を想定していたのだが。3~4コーナーでいい位置をとれたけど勝ち馬が強かった。ただ芝でも調教通りに走った

 

前走のコメントでは、

馬の地力に助けられた。逃げている馬の後ろにつけたかったけど、そのポジションを取られてしまった。外に出すタイミングもなくて、馬場の悪いところを通らされてしまった。根性で勝ってくれた。ただ、まだ課題がある。距離は1600mがギリギリ。持つように何とかしたい。

 

馬場が悪かったり、洋芝のコースでの走りだったり、時計がある程度かかるような馬場でパワーを見せているので、良馬場の時計がそれなりに速いレースになるとどうかという点と、1600mの距離に結構不安を抱えているところを見ても今回は少し厳しいのかな。。。とは思う。

 

 

・コーディエライト

 

新馬戦は1着馬とは0.6秒差の3着。

1着のアイアンクローはG3小倉2歳Sで2着。

2着のナムラバンザイはOP中京2歳Sで3着。OPもみじSで3着。

 

次の未勝利戦ではレピアーウィットを6馬身ちぎって快勝。そのレピアーウィットもそののちに未勝利戦をで5馬身ちぎって快勝している。

 

そこから、G3新潟2歳Sと、G3ファンタジーSで僅差の2着という風に、力はかなりもおっているし、堅実に走ってくる馬。

 

逃げて先行できればかなりいい物を持っている。前走のレース後の騎手コメントでは、

イレ込んでいたし、ゲートの中でチャカついて出遅れてしまった。でも楽にハナへ行かせてもらえた。

とあるように、当日のテンションが鍵になりそう。しかし、それでも楽にハナに行ける脚を持っているので、うまくいくようなら逃げ切りがあってもいい。

 

 

・ロックディスタウン

 

オルフェーヴル産駒の2頭のうちの1頭。ここも有力。

この馬も2戦2勝で札幌2歳Sで牡馬相手に先に抜け出し、強い競馬だった。

 

新馬戦では、2着馬タイムフライヤーに勝ち、そのタイムフライヤーも次の未勝利戦を危なげなく勝ち、OP萩ステークスも勝ち、京都2歳Sも2着に来た通り、この馬の能力は十分に理解できる。

 

しかし今回は札幌2歳S以降の3か月の休み明け。1600mに短縮してペースに対応できるかがカギになりそう。

 

新馬戦でのコメントでは

能力の高い馬です。とても乗りやすいですし、反応が速いです。直線では周りもみんな伸びていましたが、彼女はもっと強かったです。体が大きくてトビも大きいので、距離は1800から2000でもやれると思います。オルフェーヴル産駒ですがレース前から冷静でした。使ってテンションが上がらなければ

 

前走のコメントでは

ちょうどいいポジションだった。直線は反応が鈍かったので早くゴールしたかった。よく伸びた。走りますね

 

まず新馬戦のコメントで距離は1800mから2000mでもやれるということ。どちらかというと、距離が長いほうがいいということだろう。

 

そして前走のコメントでは直線で反応が鈍かった。この課題がありながら、距離を短くしてさらに休み明け。4コーナーあたりでペースが上がった時に対応できるか。

 

大外枠になったが、地力は間違いなく上位なので、消すことはできない。 

 

  

最終予想

                                                                                                                                                                                  

 以上の考察と、今回のテーマからこのように印を決定しました。
 
 
クリックすると印の馬の名前と決め手となる一言を添えて記載しています!!
 
◎:[最強]競馬ブログランキングへ (35位~50位あたり)
▲:リリーノーブル
△:1,8,11,14,18
 
 
  

 

さあそれではついに2歳G1がスタート!もうすぐ年末ですので1発当てて楽しい年末を過ごしたいものです!

 

土曜の中日新聞杯の予想もしておりますのでこちらもご覧ください!!

 

www.xn--n8jv81r40e.com

 

 

色々つぶやいてます!

 

 

↑ぽちっと押してくださるとうれしいです! 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク