穴狙い競馬日記

競馬といえば、穴狙い。出走するからにはどの馬にもチャンスが必ずある。出走馬一頭ずつ詳しく分析し、穴馬を見つけ出すブログ。最近は未勝利戦の予想に力を入れて研究している。

スポンサーリンク

【G1 桜花賞 2018】予想

f:id:wgdata4:20180401211806j:plain

 

それでは桜花賞の予想です!

 

 

桜花賞の穴馬はこちら

ランキングAへ!

スポンサーリンク

 

 

 

展開予想

予想されるペース:スローペース

レッドレグナントが外から先手を取る。ペースはスローペース。

 

ラッキーライラック、ハーレムライン、アンヴァル、コーディエライト、マウレア、ツヅミモン。

 

アマルフィコースト、リバティハイツ、レッドサクヤ、リリーノーブル、デルニエオール、アーモンドアイ、プリモシーン、フィニフティなどの、集団がその後ろを追走。

 

最後方から、

スカーレットカラー、トーセンブレス。

 

といった展開を想定。

 

 

詳細分析

ラッキーライラック

無敗でここまで来て、バリバリの人気馬。

ただ、いままでがかなり楽な競馬をしていたので、子の内枠は怪しい。飛ぶことも考えられるが、この馬が本当に強かったら、この内枠も苦にせずあっさり勝つことも考えられる。

 

穴党的には抑え程度。

アマルフィコースト

前走のフィリーズRでは、スタート直後に落馬してしまった。

その前のファンタジーSではテンションが高かったこともあるので、その辺も影響しそう。

 

テンション次第ではあるが、前走の中止が今回の予想をする上でかなり考えないといけないが、1週前、2週前と追い切り時計は良いので、ここまで人気がないのは面白いかもしれないが、、、あまり買いたくはない。

リバティハイツ

フィリーズRでは◎で見事8番人気1着!でしたが、今回はどうでしょう。

フィリーズRはG2でそこを目標に賞金を狙っていく馬もいる中で勝ったことは、もしかすると前走メイチの可能性もある。

 

北村友一騎手が乗ると勝つので、怖いところではある。

そして、今年はフィリーズRのレースはかなりレベルが高かったような気がするので、

今回は少し押さえておきたい。

アンコールプリュ

前走はスタートで出負けしたり、カラ馬に邪魔されたり、ちぐはぐな競馬になってしまっても2着。

 

しかし過信はしすぎないほうがいいと思うが、阪神の成績もいいし、こういう崩れたことのない馬が、しれっときちゃうことも考えると、怖い1頭ではある。

 

ただ、追い切り時計を見るとあまり調子が良いようには見えないが、人気がないし、今回は少しフィリーズR組は評価しておきたいので。

レッドサクヤ

この馬は実はかなり怖い。

良績は京都に集中しているし、阪神をまだ使っていないところもあるが、赤松賞では、マウレアに0.1秒差で負けてはいるものの、この4着はレース中に2回も不利を受けてのもの。

スムーズなら全然もっとやれると思うし、少なくともマウレアには負けないと思う。

追い切りも2週連続で高度計をマーク。成長力を買うならこの馬が一番の気がする。

マウレアが人気なら、この馬から行くのもありかもしれない。

 

ただ、阪神コースを使っていない未知なところもあるので。。。

スカーレットカラー

フェアリーSでは◎6番人気で2着!

ただ、チューリップ賞では、強い馬たちに当たって、スタートも遅れるし、リカバリーも効かない。完全に負けたレースだったと思う。

逆転まではいかないと思う。

トーセンブレス

前走はフラワーカップで2着ではあったが、よくよく考えると、今年のフラワーカップはメンバーレベルがかなり低いような気がするので、ここでどうかといわれると。。。

 

ハーレムライン

未勝利戦を勝つと、500万下、アネモネSと一気に連勝して優先出走権を取得。

この馬も勢いは一番いい。

 

アネモネS組では上位2頭は強かったと思うが、1着だったこの馬は相当な強さも感じた。

このローテーションも桜花賞を勝てるような気がしないが、前につけてロスなく回ってくることができればここでも通用しそうではある。

 

リリーノーブル

この馬はチューリップ賞でラッキーライラック、マウレアに負けはしたものの、休み明けだったので。という言い訳もできるが、完全に上位2頭に負けた感じがしている。

 

今回はさらにメンバーがそろって、どこまでやれるかはわからないが、人気ほどこの中では強いようには感じない。

 

 

 

スポンサーリンク

 

アンヴァル

フィリーズRで4着。それまでそこを見せていなかったし、いままで1200mでは相当な強さを見せていた。フィリーズRでは1400mに替わって、さらに直線で詰まってしまってのこの着順。

 

今回はいつも通りに前に行って、いつもの強い競馬ができれば、十分に勝負になると思う。

コーディエライト

厳しいでしょう。今回も逃げられないと思うし、距離も長いのでは。

デルニエオール

フィリーズRで3着で何とか優先出走権を獲得。

自分のPOG指名なので頑張っては欲しいが、さすがにここで来る感じはしない。

フィリーズR組は評価しておきたいとは思ったが、上位組ではこの馬が一番評価は低いかな、、といった感じ。能力不足な感じはある。

 

しかし、池添騎手はG1の大舞台でさらに桜花賞は何かと相性がいい、そしてこの血統。ちょっと怖いので、ほんの少し押さえておきたい。。

アーモンドアイ

シンザン記念連対の牝馬はG1を取る。という伝説が続いているが、

今回の場合は特殊な感じがする。

 

結構な雨でかなり馬場が悪かった中で、平坦巧者のこの馬が勝利した。そして、ああいった馬場なので、他の馬が止まってこの馬の末脚が目立った形にはなったが、

 

正直今回のような馬場で行った時に本当に走れるか、、追走できるかはかなり大きな壁になありそう。

人気にもなるだろうし、買いたくはない。

 

レッドレグナント

この馬が逃げるでしょう。もちろん今までのメンバーも弱いので、馬券を買ったりはしないが、この馬の逃げ次第では、ラッキーライラックの直線入り口のポジションや、その他の点で展開を作る馬なので、頑張ってほしい。

 

恐らく来ないと思っている。

 

プリモシーン

フェアリーSではこの馬のみが相当強い競馬だったと思う。

フェアリーS2着のスカーレットカラーは大敗しているが、この馬はそれよりもはるかに強い競馬で着差をしっかりつけて勝っているところを見ると、人気ほど弱くはないと思っている。

間隔が結構長いのと、関西輸送が初。鞍上が戸崎騎手で、少し不安な要素はあるが、人気との兼ね合いでみて、最終的に決めたいとは思うが、面白いと思っている。

フィニフティ

正直オークスで買いたくて、距離が延びていいような気がするので。。。

穴人気して負けて、オークスで人気を落とした時にしっかり買いたいが、ここでもある程度やれるようでないとオークスでは勝負できないとは思うので。。

どうもキャリアが少ない馬がいい成績で上がってきても、経験の差で大敗。なんてこともありそうで、今回もそんな感じのような気がする。

 

マウレア

アユサンの妹なので、桜花賞といえばこの馬を外すのはなかなか難しいかと。

しかし、さっきも述べたように、この馬よりも強いと思える馬はいるので、マウレアとセットでその辺を買い痛いという程度。

 

人気はするはずだし、思った以上に走らなかった。という結果でもうなづけはするので。。。。信頼はどうか。。。

ツヅミモン 

大外で、この戦績では厳しいでしょう。

シンザン記念も穴を空けてはいるが、本当に恵まれただけ。。。

 

最終予想

今回はこんな印で勝負してみようかな、と思います!!

 

◎:ランキングAへ!

○:ランキングへ!

▲:ラッキーライラック

△:ハーレムライン、アンコールプリュ、アンヴァル

 

前走前々走の予想コメントも掲載しているのでよかったら参考にしてください!

www.xn--n8jv81r40e.com

 

 スポンサーリンク

 

 

 

Twitterでもつぶやいています!ぜひフォローしてください!

 

スポンサーリンク