穴狙い競馬日記

競馬といえば、穴狙い。出走するからにはどの馬にもチャンスが必ずある。出走馬一頭ずつ詳しく分析し、穴馬を見つけ出すブログ。最近は未勝利戦の予想に力を入れて研究している。

スポンサーリンク

【G1 大阪杯 2018】予想

f:id:wgdata4:20180328120256j:plain


 

それでは大阪杯の予想です!

 

 

大阪杯の穴馬はこちら

ランキングAへ!

スポンサーリンク

 

 

 

展開予想

予想されるペース:ミドルペース

ペース自体はそこまで遅くなることも、速くなることもないと思うが、ヤマカツライデン酒井学騎手の文字列を見て、大逃げがある可能性を考慮。

 

縦長の展開になり、後続もなし崩し的に脚を使うような展開か。

 

サトノダイヤモンド、アルアイン、サトノノブレス、ウインブライト、ダンビュライトあたりが先行集団。

 

ミッキースワロー、ヤマカツエース、シュヴァルグラン、スマートレイアー、ゴールドアクター、トリオンフ、メートルダールがその後方につけ、

 

最後方にペルシアンナイト、マサハヤドリーム、スワーヴリチャード

 

という展開を予想。

 

詳細分析

 

ミッキースワロー

菊花賞は距離がそもそもあってないし、馬場も合ってなかったので度外視。というよりは逆にそれでも6着に来れるのだから相当なポテンシャルはある。

 

今回ももしかすると隊列的には前走のような形になるかもしれない。

前走のようなマイネルミラノが残れるようなペースではあるが、あの競馬ができたのは収穫ではあるし、4コーナー手前から仕掛けてあれだけ脚を使えるのはさすが。

しかし、今回は同じようなパターンで上がってきそうな馬が何頭かいるので、そこの馬との力関係を見極めると、ちょっと厳しい気もする。

 

そして、2000mもこなしてるとはいえ、ここまで短くなるのはかなり久しぶり。

強い古馬のメンバー相手にどこまでやれるかは微妙なところ。

サトノダイヤモンド

前走の金鯱賞でしっかりと次は走ってくることができるという雰囲気を見せてくれた。

 

前走のコメントでも「エンジンのかかりが少し遅い」というコメントがあったので、内回りでそれを克服っするには、少し速めに仕掛けていくしかないと思う。

 

この馬自身も2000mくらいが適正だと思うし、前走で同じ距離を使うことである程度何をするべきかも見えているはず。

 

あとは鞍上の戸崎騎手の腕次第ではあるが、そこが一番問題な気もする。

軸にするには不安要素があるが、ここは負けたくない1戦。

 

ヤマカツエース

前走は金鯱賞3連覇はならなかったが、休み明け初戦としては悪くない内容ではあったが、明らかに上位3頭とは現段階で力の差を感じた。

 

ここから巻き返すには、この馬も早めに仕掛けていかないといけないような気もするが、あえて、1歩タイミングを遅らせて、早めに仕掛けていく馬がいる中で、最後のペースが上がっていくき、他馬の脚が鈍ったところを差し切るという形に方がいいのかもしれない。ポジション的には昨年の大阪杯のような感じだろうか。

 

しかし、枠も枠なので、どう持ち出すかが難しいところ。

うまくいきさえすれば、かなり面白い存在。

 

シュヴァルグラン

明らかに叩き台の大阪杯で、目標は次の天皇賞春なのは間違いないが、この馬の体調も良さそうで、枠もいいので1発あってもいいし、もしかすると三浦皇成騎手のG1制覇もありそう。

 

しかし、やはり根本的に距離は長いほうが合っているので、ここは叩きでしょう。あまり買いたくはない。

ペルシアンナイト

基本的にはマイラーではあるが、大阪杯では問題はないかもしれない。

鞍上が福永騎手であり、イメージ的にはあまり合うような感じはしないが、2000mに伸びていくのは、現状少し足りないような気もする。

 

前走は出遅れて、更に直線も外を回り、坂を駆け上がったあとの最後の平坦から伸びてきた感じ。

もしかすると、直線は平坦のほうがいい馬なのかもしれない。

もちろん、皐月賞2着だったり、アーリントンCで勝ったりはしているが、メンバー的なものを見ると、今回はどうかなといった印象も受ける。

 

調教の様子を見ても、今回アルアインに勝てるか??という疑問も。

もちろん強い馬で異論はないが、ゴール前の平坦距離が長いコースの方が本質的には合っている、という結論を今回はつけたい。

 

スマートレイアー

牝馬限定戦や、G3、もしくはメンバーの恵まれるG2などのレースでは怖い存在だが、今回のメンバーに混ざるとどうも1枚、2枚落ちる印象。

 

さすがに厳しいか。

ゴールドアクター

状態が戻ったか戻っていないかはいまいちわからないが、陣営のコメントもあまり強気ではない様子。

今回は様子見で、復活の兆しが見えるようら、宝塚記念では面白いかもしれない。

アルアイン

今が絶好調である気もする。

1番不安な要素がないし、調教をみても、ペルシアンナイトには少なくとも負けないんじゃないか?と思わせるような感じ。

 

前走の京都記念でも、叩きという点ではばっちり合格点だと思うし、2000mも問題なくこなせると思う。

 

思った以上に人気になっているのが少し怖いが、軸には向いているくらい不安な要素がない。

 

 

スポンサーリンク

 

トリオンフ

条件戦から一気に勝ち上がり、G1挑戦。

 

ではあるが、他の馬たちに比べると戦ってきたメンバーを考えても、うまく当ててきて勝った印象もあるし、小倉と京都ばかり、今回阪神でこのメンバーを考えるとさすがに足りない気がする。

 

ただ、鞍上田辺騎手が本当に一発を狙って何か仕掛けてくるとすれば、この馬ではなく、他の思ってもいない馬が飛んできそう。。。。

サトノノブレス

前走の金鯱賞では、予想通りの超スローペースで残った形になった。

しかし、今回は。。。?といわれると、微妙な気もするが、ヤマカツライデンが大逃げをする形を想定していると、それよりは前にはいかないが追いかける形でいい位置をとれそうな感じもする。

ライデンの大逃げ→5馬身くらい離れた2番手ノブレス→6馬身くらい離れて他馬の集団。

 

みたいな形ににあれば、調教のタイムだけを見てもかなり好調なのは見て取れるので、他馬が様子を見合って、この馬が残ってしまうということも十分に考えられる。

 

もちろん人気もないだろうが、かなり面白いかもしれない。

ウインブライト

前走の内容を見て、かなり強くなったと実感した。

前走は前の2頭が大きく先行して、コーナーを回る前から押して行って、しっかり直線では伸びて、勝つことができたのは大きい。

 

今回も展開的にはもしかすると似たようなパターンになりそう。

そこで、仕掛けてもしっかり伸びてくることができるし、他の人気馬よりも前の位置で運ぶことができるようなタイプなので、人気がないならねらい目かもしれない。

 

しかし、関西への輸送が初めてということもあるし、一般的にはG1では足りないタイプという認識はありそうだし、その認識は間違いなさそうではあるが、

鞍上の松岡騎手のコメントを見ても、おそらく、この馬でG1を勝てると思っているし、勝ちたいと思っていることは間違いない。

一番近くで馬を見ている騎手が言うコメントなので、ある程度信ぴょう性はあるだろう。

例え、ここで勝てなくてもG1戦線をにぎわして行く存在になりそうなので、この辺のタイミングから目をつけておくことはいい思う。

ヤマカツライデン

この馬が今回の逃げ馬。

調教のタイムや、鞍上が酒井学騎手になるところを見ると、大逃げするのではないかという気がしている。

もしそうなった場合は、この馬の挙動がカギになる。

スッとハナ取って、大逃げをする。追いかけていく馬がいる。その後ろに脚を使わせる。人気馬同士が仕掛けるタイミングを探りあう。ひょっとしたことが起きる。

 

なんていうことも想定したいところ。

 

ただ、この馬自体の能力的にはさすがに足りないので、買いたくはない。

 

マサハヤドリーム

さすがにあまり強調することなはないです。

無事に走り切ってくれれば。

 

ダンビュライト

この馬もメキメキ力をつけている。

AJCCでのレースもうまい戦法だったと思う。あの形で競馬ができるのは、今回も人気馬よりも前の位置から競馬ができ、仕掛け所を考える余裕もできるので、好材料。

 

おそらく、展開も向きそうで怖い1頭なのは間違いない。

人気馬ばかりを見ていると足元をすくわれる可能性もある。

 

スワーヴリチャード

この外枠は微妙な気もする。

 

前走は前に壁を作れずに、掛かったものの、先行して、展開的には嵌まった形となった金鯱賞。

しかし、前哨戦として右回りに不安があるのに中京を使ったことは不満。

右回り克服のために前哨戦で右回りのコースを使ってみておけばよかったのに。。。と思うのも事実。

今回はペースにもよるだろうが、外枠から、後方に入って前に壁を作って行く可能性が高いような気がする。

自分の少し前を行く人気馬の様子を見ながら、デムーロ騎手の絶妙なタイミングで仕掛けだして行くような気もする。

 

しかし、想定した縦長の展開では、阪神の内回りということもあって、中山記念のペルシアンナイトではないが似たように差し届かずの4,5着という未来も見える。

 

もちろん、現役屈指の能力の持ち主ではあるが、容易に馬券がいになることも考えられるので、強く推したくはない。が、3連携を買うなら抑えておかないといけない1頭。

メートルダール

 前走の金庫所では、何をやっているか全くわからない騎乗だったが、後々騎手のコメントを見ると、「脚を使えなかった。」ということもあり、今回のメンバーではさらに1枚落ちるし、大外枠も最悪。

鞍上乗り替わりもあって、さすがにここでは買える気がしない。

 

ここでは様子見。で、他の重賞で力を出せる時に買いたい。

最終予想

今回はこんな印で勝負してみようかな、と思います!!

 

◎:ランキングAへ!

○:ランキングへ!

▲:アルアイン

△:ヤマカツエース、サトノノブレス、サトノダイヤモンド、ペルシアンナイト

 

前走前々走の予想コメントも掲載しているのでよかったら参考にしてください! 

www.xn--n8jv81r40e.com

 

 

 スポンサーリンク

 

 

 

Twitterでもつぶやいています!ぜひフォローしてください!

 

スポンサーリンク