穴狙い競馬日記

競馬といえば、穴狙い。出走するからにはどの馬にもチャンスが必ずある。出走馬一頭ずつ詳しく分析し、穴馬を見つけ出すブログ。最近は未勝利戦の予想に力を入れて研究している。

スポンサーリンク

【G3 中山金杯 2018】予想

つぶやいてます!ぜひフォローください!

 

f:id:wgdata4:20171228125820j:plain

 

皆さんこんばんは。

 

 

2018年になりました!今年も頑張っていきたいと思いますのでよろしくお願いします!

年始もいきなりたくさん重賞が続きます!

今日は京都金杯に続いて中山金杯について予想をしていきたいと思います!!

 

 

さあ今回は1年の計は金杯にあり!中山金杯についての予想をしていきたいとお思います!

 


 
 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

過去の中山金杯の傾向
 

 過去8年のデータです。

 

f:id:wgdata4:20171228125938j:plain

 

 去年は前走ディセンバーSのワンツースリー。

 

しかし毎年そういうわけでもなく、ちゃんとしたローテションは確立はされていない感じ。

 

 

中山も、秋からほとんどずっと使い詰めなので、芝の内側はかなり荒れている。

外から差せる馬を狙いたいか。とも思う。

 

中山芝2000mのコース形態

 

 

f:id:wgdata4:20171228130341j:plain

 

最初の1コーナーまでの距離は約405mで、1~2コーナーの中間までは上り坂。

 

その後は内回りコースに入り、向正面の直線は平坦。

3~4コーナーは緩い下り坂になっている。

 

最後の直線距離は310mと、中央4場の中では最短。そして、ゴール前には高低差2.4mの急坂がある。

 

最初のコーナーまでの距離が十分ある上、途中1度目の急坂があるので、前半からペースはさほど速くならない。

 

1~2コーナーまではゆったり流れ、向正面に入るとペースアップ。3コーナーの残り600m地点からラストスパートに入る。

 

最後の直線に入ると2度目の急坂により、最後の1ハロンの時計がグッとかかる。他場の2000mよりもタフなレースになりやすくスタミナを要する。

 

スロー~平均ペースで流れれば逃げ、先行勢が圧倒的に有利なコース。前半の先行争いが激しくなり、ハイペースになった時のみ派手な追い込み、大外一気が決まる。

 

枠順は内枠が有利。外枠は多頭数になるにつれて厳しくなる

 

 

 

中山芝の馬場傾向

 

このレースは土曜日に開催されますので特に前日の馬場傾向はないですね。

 

とりあえず、中山に関しては年末のレースがあったので、その馬場傾向を上げておきます。

 12/24日曜日

f:id:wgdata4:20171225130218j:plain

f:id:wgdata4:20171225130231j:plain

有馬記念の逃げ馬はキタサンブラックなので、少し度外視するとして番手追走からの逃げ馬が多い。

 

ちょっと出先で、年末最後の週の馬場傾向の画像があげられないのですが、12/28木曜日の馬場傾向的には、4コーナーで7~8番手につけて抜け出す競馬がはまっている印象。

 

 

 

 

前日オッズ

 

 

 金曜日夜に更新します。。

 

 

 

 

↑ぽちっと押してくださるとうれしいです! 

 

 

スポンサーリンク

 

 

予想展開

 

マイネルミラノが逃げるがペースはそれほど上がらない。

セダブリランテス、ウインブライト、ジョルジュサンクあたりが番手につけて追走。直線入り口で早めに仕掛けて前にいる馬は少しきつくなる。

 

馬場的にも中断から先行勢が垂れてくる時に交わせる位置にいる差し馬に分があるといった感じ。あとは能力の高い終いの脚も使える先行勢がなんとか残る印象。

 

最終予想

 

 

今回の出走メンバーから、今回狙ってみたい馬を上げておきます!ぜひご覧ください!! 

 

 
 
 
 
それでは今年も1年がいい年になりますよう頑張っていきたいと思います!
詳細分析は来週からまた頑張っていきますので、ぜひご覧ください!!
 
 

 

色々つぶやいてます!

 

 

 

 

↑ぽちっと押してくださるとうれしいです! 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク